安定して働こう!

職も給与も安定した正社員になりたい人応援ブログ

介護職における正社員の特徴

現在の介護業界は専門学校で生徒数が定員割れするぐらいに慢性的な人不足に陥っています。そのため、正社員としての求人情報を充実しており就職することに関しては苦労することはあまりないありません。
万が一、今の職場での仕事に不満を持って退職した場合でも次の仕事先をすぐに見つけることが出来ます。ただし短い期間で職場を変えると悪い印象を持たれてしまうので注意してください。
介護士の正社員の仕事をするためには介護専用の資格を取る必要があります。その中には 「介護職員初任者研修」「介護職員基礎研修」等が存在しています。これらの資格は行える仕事の種類も異なってくるため、求人情報の募集要項をしっかりと確認しておいて下さい。
また、「柔道整復師」「正看護師」「准看護師」などの資格があれば介護専用の資格が無くても就職できることがあります。 介護職の正社員としての特徴としては給料が低いということがあります。
月の給料の手取りが16万円前後であり、年収はおおよそ250~400万と他の業種と比べれば低い部類になっています。ただし給料を増やす手段はあり、その例として夜勤を増やすことがあげられます。
夜勤は日勤と比べて時給が数割ほど高くなるため、大変ではありますが夜勤を数多くこなすとその分だけ給料が増えるようになっています。また上記にある資格を持っていると資格手当として給料が増えます。
とくに介護支援専門員(ケアマネジャー)など高度な資格を持っていると給料の上がり幅が大きくなるのでそうした資格を取得してみて下さい。


#
Tags:
介護職における正社員の特徴 はコメントを受け付けていません。